2020年9月2日水曜日

【新機能紹介】年度末でタスク番号の連番をリセットできるようになりました。

弊社でご提供しているクラウド型ワークフローサービス「Gluegent Flow」は、タスク番号という番号が自動で採番されます。この番号は日や月や年単位で数字をリセットできます。この度、年度単位で数字をリセットできるようになりましたので設定や利用方法についてご紹介いたします。



◯タスク番号のリセットはシーケンス管理で

冒頭でも触れたように、Gluegent Flowでは1つの申請(タスク)毎に「タスク番号」が振られます。管理画面の「シーケンス管理」でシーケンスを作り、モデル編集画面で選択します。
サンプルのように、日付や固定文字列と連番が振られます。この連番の「クリアするタイミング」が「毎日」「毎月」「毎年」「クリアしない」から選択できます。
このクリアするタイミングで「年度」が使えないか?というご要望をたくさんのお客様から熱望されていました。

◯長いβ期間を経て新機能登場!

これまではβ機能として、一部のお客様に限りご提供していました。クリアするタイミングが1年に1回ですので、万が一不具合があったらお客様にご迷惑がかかってしまいます。幸い不具合もなくβ期間を終了し、満を持してご提供を開始できました。

◯利用開始はクラウドコンシェルジュへの依頼から

この機能をご利用いただきたいお客様はお手数をおかけいたしますが弊社サポート「クラウドコンシェルジュ」へご依頼ください。HPからでもメールからでもご依頼いただけます。

◯設定は2ステップ

クラウドコンシェルジュへご依頼いただき、設定が完了した旨の連絡がきましたら、まずは年度末の設定を行っていただきます。
※この操作は管理者権限を持つユーザーで行ってください。
Gluegent Flowの画面右上のギアアイコンをクリックし「ドメインの設定」をクリックします。
ドメインの設定画面で「ドメイン設定」>「フロー設定」の項目までスクロールしてください。年度設定で年度の最終月を選択してください。例えば4月1日から年度が始まる場合は「3」を選択します。「設定を保存する」をクリックすると設定完了です。


続いてシーケンス管理でクリアするタイミングを設定します。
選択肢に「年度」「半期」「四半期」が増えていますので、ご希望に合わせて選択してください。

これまでタスク番号のリセットのタイミングに不満があったというお客様はぜひご依頼ください。追加費用は一切かかりませんので、ご連絡をお待ちしております。
(SUTO)