2018年6月19日火曜日

申請されたワークフローからGoogleカレンダーに予定を作成する方法

ワークフローで出張や有給休暇の申請モデルを作成したものの、Googleカレンダーに予定を作成し忘れてトラブルに・・・といったことはありませんか?
せっかくのクラウド型ワークフローなので、承認されたら予定を作成したいものです。
今回は、Gluegent Flowで申請を行い、Googleカレンダーで予定を作る方法をご紹介します。

申請モデルを作成する

Googleカレンダーの予定は「タイトル」「開始日時」「終了日時」「終日」「場所」「詳細」「ゲスト」などの入力項目があります。Gluegent Flowから予定を作成するためにこれらの項目を入力フォームとして追加しましょう。

Googleカレンダーの予定作成はURLで

実は、Googleカレンダーの予定作成画面は特定のURLとパラメータによって呼び出すことができます。このURLを使っているのがグループスケジューラです。このURLをカスタムラベルのスクリプトを使って生成します。

各種入力項目の設定など、詳しくはGluegent Flowのマニュアルの「小技f-Gluegent Flowからカレンダーの予定を作る」をご参照ください。

申請してみる

申請時に入力項目に値を入力し、「申請」を実行します。
作成された申請データにはリンクが表示されますので、こちらをクリックします。
各種項目が入力された予定作成画面が表示されますので「保存」をクリックします。これでカレンダーに予定が追加されます。
いかがだったでしょうか。Gluegent Flowの各種機能を使うことで簡単に予定が作成できることがおわかりいただけたのではないかと思います。Gluegent Flowにはこの他にもたくさんの機能が備わっていますので、きっとお客様のニーズを実現できると思います。ぜひご利用をご検討ください。