2017年3月30日木曜日

G Suite強化ツールで、ビジネスを加速させよう!

いまや企業活動になくてはならない存在となったクラウドサービス。その中でも、現在多くの企業から支持を集めているのが、Google社が提供するG Suiteです。
とても便利なサービスですが、G Suiteをさらに便利にしてくれるツールが存在することは、意外と知られていません。
本記事では、G Suiteをパワーアップさせる様々なツールをご紹介します。

有料ユーザー企業が300万社を突破!いま注目のクラウドサービスG Suite

平成28年版 情報通信白書(総務省)によると、「一部でもクラウドサービスを利用している」と回答した企業の割合は44.6%でした。約半数の企業が、何らかのクラウドサービスを利用していることになります。

総務省ホームページより引用 http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/image/n5201200.png 

中でも、利用企業数が急増しているのが、Google社が提供するG Suiteです。 G Suiteとは、以下のような特徴を持つクラウド型のサービスです。

■機能:メール、カレンダー、スプレッドシートなど仕事に必要な機能がひととおり揃っています。
■費用:利用料金は、1ユーザーあたり月額 500 円から。ライセンス費用以外の初期費用やシステム運用・保守費用はかかりません。
■品質:サービス品質保証契約(SLA)で、稼働率 99.9 % 以上を保証しています。

Google社は、2017年1月、G Suiteの有料ユーザー企業が300万社を超えたことを発表しました。

G Suite強化ツールで、ビジネスを加速させよう!

G Suiteには、業務を推進する上で必要な機能がひととおり揃っています。しかし、不特定多数に提供されるクラウド型のサービスであるという特性上、各機能が無難な設計になっているのも事実です。当然、使えば使うほど「ここがちょっと不便」「ここがもう少し○○だったらいいのに」と感じることも出てくるでしょう。
そこで、多くの企業がG Suiteを補完するツールを提供しています。その中でも特にG Suiteユーザーから「こんな機能が欲しかった!」と高い評価を受けているツールをご紹介します。

■G Suiteのセキュリティと利便性を同時に向上させるGluegent Gate
クラウドサービスには、セキュリティへの漠然とした不安が伴うもの。そこでG Suiteは、独自に2段階認証などのセキュリティ強化策を提供しています。しかし、対策としては有効ですが、ログインするたびに2段階認証を行うのは煩わしく、業務の効率も下がってしまいます。
そこでおすすめなのが、セキュリティ対策ツールです。端末制御、IPアドレスでのアクセス制御、統合ID管理、シングルサインオンの3つの柱でセキュリティと使い勝手を両立しています。

Gluegent Gate
http://www.gluegent.com/service/gate/

■G Suiteの「ちょっと足りない」を補強してくれるGluegent Gadgets
たとえば、毎日使うメール機能。「未読のものだけがさっと見られるといいのになあ」と思いませんか?
あるいは、「チームメンバーとは、メールではなく掲示板でやりとりできるといいのになあ」と思ったことはありませんか?
そんなG Suiteに「ちょっと足りないこと」を、Googleサイトに配置できる「ガジェット」という形式で提供してくれるのがGluegent Gadgetsです。

Gluegent Gadgets
http://www.gluegent.com/service/gadgets/

■人数が多くてもスケジュールがひとめでわかる!Gluegent Apps グループスケジューラー
Google カレンダーは、個人や数名で働く場合のスケジュール管理には、非常に適したツールです。ただし、ある程度の規模のプロジェクトで予定を共有して活動する場合や、複数のチームに所属して活動する場合には、ちょっと使いにくいと感じることもあるでしょう。
Gluegent Apps グループスケジューラーなら、人数の多いプロジェクトのスケジュール管理・共有を最大限にサポートしてくれます。

Gluegent Apps グループスケジューラー
http://www.gluegent.com/service/scheduler/

■メールの操作性を大幅に向上させてくれるGluegent Apps 共有アドレス帳
G Suiteを導入する際に、社内の既存メールシステムやグループウェアで利用していたアドレス帳管理機能が使えなくなると非常に不便です。
Gluegent Apps共有アドレス帳なら、全社で一元管理しているアドレス帳をそのままG Suiteに移行することができます。しかも、階層に従って宛先を選ぶだけでメールが作成できます。階層についても、組織別、チーム別、地域別など企業に合わせて自由に設定可能です。

Gluegent Apps 共有アドレス帳
http://www.gluegent.com/service/addressbook/

G Suite補完ツールの特徴を知って、賢くG Suiteを使いこなしましょう。

働き方改革の鍵! G Suiteとも連携可能なクラウド型ワークフローシステム

クラウドサービスを利用する企業が増えてきた背景として、在宅勤務やモバイルワークなど、場所や時間に捉われない働き方が増えてきたことが挙げられます。
クラウドサービスを利用することにより、いつどこにいても、どんな機器からでも業務を遂行することが可能になりました。
ところが、せっかくG Suiteなどの利便性の高いクラウドサービスを利用するようになっても、承認申請・決裁のワークフローだけが旧態依然とした仕組みのままになっているために
(1)外出や出張が多い営業職社員が、営業申請や稟議申請のためにわざわざ会社に戻らなければならない。
(2)決裁権を持つ上司が出張したり外出したりしていて、なかなか承認してもらえない。
(3)複数の承認印をもらうために申請書を回覧しなければならないが、承認者が不在で止まってしまう。
などの問題が発生していました。
これらを解決するために誕生したのが、クラウド型のワークフローシステム Gluegent Flowです。
Gluegent Flowは、G Suiteとも強力に連携し、企業のさらなる働き方改革・業務効率化に貢献しています。

flow.gif
▼G Suiteとも連携可能なGluegent Flow
http://www.gluegent.com/service/flow/