2016年11月2日水曜日

クラウドはシングルサインオン(SSO)で飛躍的に便利になる

2016年に入り、G SuiteやOffice 365の導入に合わせて、シングルサインオン(SSO)を検討しているというご相談を多くいただくようになりました。以前は、クラウドグループウェアを採用するにあたって「アクセス制御」を実現したいというご要望がベースでしたが、複数のクラウドを利用することを前提とした「シングルサインオン」を実現したいというご要望が強くなってきている印象です。ご利用を想定されているシングルサインオンのターゲットは、G Suite、Office365、Salesforce、Cybozu Office、Kintone など多岐に渡り、100個以上のシステムをSSOにまとめるというようなご提案をさせて頂くようなケースも出てきています。今回は、複数クラウドサービスの利用を検討されている場合に、Gluegent Gate を導入しておくことで得られるメリットを幾つかご紹介させていただきます。
 Gluegent Gate

ユーザの利便性向上

シングルサインオンのシステムを導入するに当たって、当然のご期待になりますが、ユーザに何度もパスワードを入力させたくないし、ユーザに幾つものパスワードを管理させたくないというご期待です。

シングルサインオンシステムを導入することで、ユーザは利用するクラウドサービスごとにIDとパスワードを入力する必要がなくなります。たったひと手間の軽減なのですが、利用するサービスが増えれば増えるほど、このひと手間が面倒になります。

加えて、シングルサインオンを導入することでユーザ自身で管理しなければならないパスワードが限定されます。サービスごとにパスワードを管理し、社内のパスワードポリシーに従って数ヶ月に一度パスワードを変更するとなると、負担が非常に重くなってきます。覚えるにも限界があり、いずれパスワードの使い回しや手帳へのメモ等のセキュリティリスクにつながる可能性があります。

弊社で提供させていただいている Gluegent Gate 等のシングルサインオンサービスを導入し、適切なアクセス制御を行うことで、パスワード管理面での利便性の向上と合わせて、セキュリティの強化が図れます

管理の効率化

シングルサインオンシステムの導入により、管理者サイドにもメリットがあります。

まず目に見えるポイントとして、パスワードリセット等の対応が減らせる、Gluegent Gate のID統合管理機能を活用することで、複数サービスのアカウントやグループ管理が集約できるなど、運用面での負荷軽減があります。運用管理面では、Gluegent Gate の AD 連携機能を利用することで、これまでの管理スタイルを踏襲しながら、クラウドサービスのアカウントも管理するような運用も実現できます。異動や新入社員、退職等が発生した際に、それぞれのクラウドサービスでアカウントの作成や停止をする必要がなくなり、管理コストが軽減できます。

次に、今すぐ必要な内容ではないため忘れられがちですが、実は非常に重要なポイントを挙げさせていただきます。それは将来に渡って新しいクラウドサービスの導入が非常に楽になるという点です。通常新しいシステムを導入する際には、アカウントの追加削除等の運用設計、パスワード変更ルール等の設計、アカウント(ID/パスワード)の配布方法、アクセス制限に関する懸念等々、様々な準備・検討が必要になります。弊社 Gluegent Gate を導入していれば、これらの準備が大きく軽減されます。

Gluegent Gate を導入していれば、Gluegent Gateのアカウントと新たに導入するサービスをどのように連携させるか、という点に絞って検討を進めていただくことになります。簡単には新サービスのアカウントのプロビジョニングの方法、Gluegent Gate と新サービスのアカウントの紐付けなどを検討するのみとなります。管理者側でその設定をしてしまえば、ユーザはこれまで通りシングルサインオンでログインし、新しいサービスにアクセスするだけで利用できるようになります。

もちろん、新しいサービス導入に際して、アクセス制御について頭を悩ませる必要もありません。既存のサービスと同じように Gluegent Gate で管理することができます。


簡単に、ユーザメリットと管理者メリットについてご期待を整理しました。Gluegent Gate を導入頂くことにより、シングルサインオンに加えてID統合管理機能でユーザ・管理者双方の利便性・効率性を向上させながら、アクセス制御によってセキュリティの向上も図れます。シングルサインオンのシステムが無い状態と比べると飛躍的に便利になることがお分かりいただけるかと思います。今後、ますますクラウドを活用したいとご検討されている皆様に、Gluegent Gate をひとつの重要なパーツとしてご検討いただけると嬉しいです。

 Gluegent Gate