2016年10月28日金曜日

大塚商会ーソリューションフェア2016 - 出展レポート

こんにちは、グルージェントです。
次第に肌寒くなり秋が深まって行く感じがしますが、10月12日(水)13日(木)の2日間にわたり、大阪のヒルトンホテルにて大塚商会様主催の展示会イベント「ビジネスソリューションフェア2016 大阪会場」に、出展して参りましたので、レポートさせていただきます。展示会のテーマは「きっと見つかるIT活用のコツ」で、幾つか展示会場はテーマ毎に分かれており、「クラウド活用」のテーマで出展致しました。今回もGluegent Gateを出展させていただきました。


Gluegent Gateは、G Suite (9月30日からGoogle Apps はG Suiteとサービス名が変更になりました)やMicrosoft Office365等のクラウドサービスにシングルサイオンを実現し、複数のアクセス制御や認証方式の組み合わせで一度の認証で強固なセキュリティを確保ができ、利便性も向上するクラウドサービスです。

弊社展示会ブースにも、多くの方に立ち寄って頂きました。立ち寄って頂いたお客様の中には、「G SuiteやOffice365と言ったパブリッククラウドは、何処でも利用できたり、データを共有したりと、メリットは多くありそうだけど、セキュリティに不安があるから導入まではちょっと・・・」や、「既に導入しているけど、端末やIPアドレスレベルでの制御のことなんて考えていなかった」とおっしゃる方がいらっしゃいました。弊社のGluegent Gateによるシングルサインオン(SSO)やIP制限や端末・証明書認証によるアクセス制御などを詳しくご紹介させていただき、興味をお持ちいただけました。


G SuiteやOffice365等のパブリッククラウドサービスは非常に便利で、いつでも、どこでも、どんなデバイスからも利用できることで、社内のコミュニケーションの円滑化、会社の生産性の向上、ワークスタイルの変革等といったメリットを享受できます。 しかし、端末紛失やパスワード流失により、第三者による不正アクセス・情報漏洩といったセキュリティリスクも潜在しています。そのため、企業が管理する端末からのアクセスのみ許可したり、事業所のIPアドレスからのアクセスのみ許可するなどのアクセス制御が必要となります。

Gluegent Gateでは、役職・職務等のグループや個人ごとに、アクセス元IPアドレス・端末などのセキュリティレベルを設定することができます。アクセス制御の設定はクラウドサービス毎に設定することが可能であり、あらゆるパブリッククラウドサービスを安心・安全にお使いいただけます。既にクラウドサービスを導入し活用されている方も、これからクラウドサービスの導入をご検討される方も、セキュリティを強化し、クラウドサービスの安全性を確保した上で、クラウド活用ができるGluegent Gateをご検討いただけますと幸いです。

最後になりますが、弊社ブースにてお立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました!